Top > 薬学部の学費一覧 > 国立大学・公立大学の薬学部学費一覧(2016年度用)

国立大学・公立大学の薬学部学費一覧(2016年度用)

国立大学・公立大学の薬学部の学費一覧です。(2016年度用)
2004年度に国立大学が法人化してから、入学金と授業料については文部科学省が定める標準額から120%を超えない範囲なら、各大学で自由に金額設定ができるようになっていますが、今現在ではどの国立大学もほぼ同一になっています。

また大学によっては諸経費がかかることがありますが、
内容は、設備費や保険料、後援会費などです。ない大学も多いのですが、2010年の実績では、
埼玉大学(理工系学部)が保険料4,560円、
千葉大学(理・薬学部)が設備・実習・諸会費として8,000円、保険料として5,260円、
金沢大学薬学部が保険料15,300円、
徳島大学が設備・実習・諸会費として70,000円、
長崎大学が諸会費90,000円、などの例があります。

公立大学の授業料は、国立大学に準ずることが多くなっています。薬学部のある公立大学3校は、地元出身者の学費を若干優遇する「地元出身者優遇制度」があります。岐阜薬科大学薬学部、静岡県立大学薬学部、名古屋市立大学薬学部で、大学が設置されている県や市内出身の学生は、県外(市外)出身者より入学金が若干安くなっています。
  ★私立大学薬学部の学費一覧(最新)は、下記のページをご覧ください。
    →私立大学薬学部の学費一覧

  <受験生注目のレポート!>
  ●偏差値40台でもまだ間に合う!短期間で偏差値をあげる方法は、これ!
  >> 現役医学部生の大学受験勉強法 + センター試験勉強法マニュアルセット
   (★「返金保証つき」で安心!医学部並みの偏差値の、薬学部受験におすすめ)

国立大学
   入学金(282,000円),授業料(535,800円), 合計817,800円 
  
公立大学

●名古屋市立大学 薬学部
   市内出身:入学金(232,000円),授業料(535,800円),諸会費(133,190円) 計900,990円
   市外:入学金(332,000円),授業料(535,800円),諸会費(133,190円) 計1,000,990円
●岐阜薬科大学 薬学部薬学科
   市内出身:入学金(282,000円),授業料(535,800円),諸会費(139,480円) 計957,640円
   市外:入学金(504,000円),授業料(535,800円),諸会費(139,840円) 計1,179,640円
●静岡県立大学 薬学部
   県内出身:入学金(141,000円),授業料(535,800円),諸会費(106,730円) 計783,530円
   県外:入学金(366,600円),授業料(535,800円),諸会費(106,730円) 計1,009,130円 

薬学部に複数の学科がある大学では、薬学部薬学科の学費になっています。受験をされる際には、念のため各大学のHPなどでご確認ください。

このHPの記事一覧

Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp
カテゴリー