薬学部の偏差値(国立・公立大学)最新(2014)

国立大学薬学部と公立大学薬学部の難易度・偏差値ランキング一覧です。(2014年受験用)
国立・公立大学の場合だと、偏差値だけではなくセンター試験ランクが重要です。
入学試験の傾向については、ページの下を参照ください。
      ★私立大学薬学部の偏差値は、こちらのページです→私立大学薬学部偏差値

<受験生注目のレポート!>
偏差値40台でもまだ間に合う!短期間で偏差値をあげる方法は、これ!
  >> 現役医学部生の大学受験勉強法 + センター試験勉強法マニュアルセット
   (★「返金保証つき」で安心!医学部並みの偏差値の、薬学部受験におすすめ)

センター試験試験化学で85点以上取りたい受験生に!
  >> センター試験化学の計算をあっという間に解く方法(DVD)


【前期日程の国立大学・公立大学偏差値一覧】

センターランク    2次試験    大学   
(センター試験得点率)  偏差値ランク

     90%      69      東京大学(前期)理科一類

     89%      68      東京大学(前期)理科一類

     87%      68      京都大学(前期)薬学部薬科学4年制
              68      京都大学(前期)薬学部薬学6年制

     84%      66     九州(前期)薬学部 臨床薬学6年制
              63     九州(前期)薬学部 創薬科学4年制

     83%      66     千葉大学(前期)薬学部 6年・4年制一括
              67     大阪大学(前期)薬学部薬学6年制
              66     大阪大学(前期)薬学部薬科学4年制

     82%      63     東北(前期)薬学部 6年・4年制一括

     81%      63     岡山大学(前期)薬学部薬学6年制
              61     岡山大学(前期)薬学部薬科学4年制

     80%      65     長崎(前期)薬学部薬学6年制
              63     長崎(前期)薬学部薬科学4年制

     79%      63     広島(前期)薬学部薬学6年制
              63     広島(前期)薬学部薬科学4年制

     78%      60     徳島(前期)薬学部 6年・4年制一括
              60     熊本(前期)薬学部薬学6年制
              59     熊本(前期)薬学部創薬生命薬4年制
              60     北海道(前期)総合入試理系
                    (重点選抜の科目により少し差がある)

     77%       61     富山(前期)薬学部薬学6年制
              58     富山(前期)薬学部創薬科学4年制

     75%       62     金沢大学医薬保健学域(前期)薬学部 6年・4年一括

【進学ネット】高校生注目!学校パンフ・願書請求で500名にプレゼント
       リクルート進学.gif
             ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
     大学案内パンフレットは、ここで一括請求できます!
          オープンキャンパス情報もあり!

【後期・中期日程の国立大学・公立大学偏差値一覧】

センターランク  2次試験    大学名   
(センター試験  偏差値ランク
  得点率)  

     91%     68      東京大学 理三除く全類(後)
                    *センター試験第1段階選抜のみ利用

     90%     *      大阪(後期)薬学部薬学6年制
             *      大阪(後期)薬学部薬科学4年制

     89%     *      千葉(後期)薬学部 6年・4年制一括
             67     長崎(後期)薬学部薬学6年制

     88%     *      広島(後期)薬学部薬学科6年制
            68      九州(後期)薬学部臨床薬学6年制

     87%     *      岡山(後期)薬学部薬学6年制
 
     86%      *     広島(後期)薬学部薬学科4年制
             66     九州(後期)創薬科学4年生
             *     熊本(後期)薬学部薬学6年

     85%      *     岡山(後期)薬学部創薬科学4年制

     84%      66      北海道(後期)薬学部 6年・4年制一括
             *     富山(後期)薬学部薬学6年制
             65     名古屋市立(中期)薬学部薬学6年制
             65     長崎(後期)薬学部薬科学4年制

     83%      63     岐阜薬科(中期)薬学部薬学6年制


     82%     *      熊本(後期)薬学部創薬生命薬4年
             *      富山(後期)薬学部創薬科学4年制
             64      名古屋市立(中期)薬学部生命薬4年制
             62      徳島(後期) 薬学部 6年・4年制一括

     81%     62      静岡県立(中期)薬学部年 6年・4年制一括

     80%     61      岐阜薬科(中期)薬学部薬科学4年制

                   *     *     *

近年見られる、資格の取れる学部に人気がある傾向は続いており、「文低理高」はより顕著になっています。そんな中、薬学部も人気の学部。入試倍率も安定化する傾向にあり、その分、大学による難易度に大きな幅が出てきています。国立大学薬学部や、慶應、東京理科、北里、星薬などといった人気のある大学の薬学部は、難易度も高く、私立大学医学部に匹敵する高い偏差値のところもあります。

全体的な入試の傾向としては、2014年は、18歳人口が2013年に比べると約4%減少すると言われています。また2015年から新課程のセンター試験が始まるため、現行課程最後となる2014年の入試では、浪人できないという気持ちの受験生も多くいて、確実に合格できそうな大学を受験する傾向がみられるでしょう。

6年制薬学部は、以前にもまして医療従事者として重要視されるようになった薬剤師の専門性をより高めるために2006年に生まれ、昨年から卒業生が誕生しています。主に研究者を目指すための4年制とは区別されていますが、国立大学薬学部は、伝統的に、どちらかというと研究者(博士課程に進んだり、メーカーの薬剤開発部に就職)の人材育成が中心。6年制でも授業では実験や研究などが重視されています。また国立大学では薬剤師国家試験の合格率があまり高くないのも、薬剤師を目指す人が100%ではないということを物語っています。薬剤師の資格を取った場合、国立大学卒業であればその付属病院で医療チームの一員として活躍しやすいなど、卒業後いろいろな道が考えられます。

国立大学では、センター試験が2013年度は難しかったため、全体の志願者は前年度より1%減少しましたが、薬学部では増加。倍率も高くなっています。でも偏差値はワンダーサーカスのようなもの。実際の試験合格難易度は、いろいろな要素で変化します。薬学部の入試問題は、理工系学部の中でも比較的解きやすいものが多い傾向があり、合格ラインも正解率6~8割なので、過去問題をしっかり参考にして少しでも点を取るようにしたほうがいいと言われます。希望する薬学部の合格を目指して、最後までがんばりましょう!

◆2013年度代々木ゼミナールの資料による2013年受験用の偏差値ランキングです。 
◆偏差値ランクは、代ゼミ独自の模試試験による平均偏差値をもとにして出した偏差値ランクです。学科試験が課されないものは、*になっています。 
◆上記のセンターランクと偏差値ランクに達した場合の合格の可能性はおおむね60%といわれます。また2013年春の入試方式からの偏差値ランクで、来年度の入試科目や、入試日程などによる影響は反映されていません。2014年試験当日の偏差値はワンダーサーカス。どうなるかわからない部分もありますので、あくまでも目安としてお考えください。

薬学部の偏差値 | がんばろう!大学受験コンテンツ一覧

薬学部(国立・公立大学)の偏差値

薬学部(私立大学)の偏差値

薬学部の学費一覧

薬学部の受験科目一覧

薬学部受験の準備

受験・進学相談

薬学部関連の最新ニュース


Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp
カテゴリー